パイプクリーナーで「詰まりが解消されない原因と対策」

パイプクリーナーで「詰まりが解消されない原因と対策」

パイプクリーナーで「詰まりが解消されない原因と対策」

 

洗面台やお風呂の排水の流れが悪いとき、真っ先に思い浮かぶ対処法がパイプクリーナー(配管用洗浄剤)ではないでしょうか?

髪の毛や石鹸カスなどが排水管内で蓄積されていることが詰まりの原因となっています。

それらを溶かして臭いも解消してくれるパイプクリーナーはドラッグストアなどでも購入でき便利で頼れるアイテムです。

しかし、排水管の清掃用であるパイプクリーナーでも詰まりが解消できないことがあります。

 

こちらでは、パイプクリーナーで詰まりが解消されない原因と対処法をご紹介します。

 

パイプクリーナーで詰まりが解消されない原因

 

パイプクリーナーの使い方が間違っている

お風呂にも洗面台にも髪の毛やゴミを取り除くためのヘアキャッチャーという小さなザルのような部品がついています。

そこに髪の毛やゴミが溜まったまま使用すると排水管まで液体が流れていかず詰まりが解消されづらくなります。

パイプクリーナーを使用する際は、ヘアキャッチャーや目皿など取り外せるものは全て取り除いてから使用します。

パイプクリーナーは強い薬剤です。

他のものと混ぜて使用する・一緒の排水管に流すということは絶対にやめてください。

有毒なガスを発生させることにも繋がり、非常に危険です。

排水管の清掃に特化した商品を、使用方法を守り使用するのが一番良い方法です。

 

長時間放置した

パイプクリーナーの種類毎に薬剤を投入してから放置しておく時間が指定されています。

詰まりが酷いから長時間放置すれば汚れがよく取れると思う方もいるかもしれません。

しかし、落ちた汚れが下に移動し長時間放置することでそれが固まってしまう恐れがあります。

パイプの途中で固まり、余計に詰まりが酷くなることもあるので注意が必要です。

 

詰まりの原因が髪の毛や石鹸カスではない

パイプクリーナーは最初にご紹介した通り、髪の毛・石鹸カスを溶かす商品です。

詰まりの原因となっているものが、詰め替え用商品のビニールの切れ端や綿棒などの場合パイプクリーナーを何度使用しても症状が改善しなかったり症状が改善しても数日でまた詰まりが再発したりします。

 

配水管の詰まりが重症

洗面台や浴室の排水管は、髪の毛以外にも石鹸カス、髭剃りのジェル、皮脂汚れなど様々なものが流れ込んでいます。

髪の毛にそれらの汚れが絡みつき、そこにさらに髪の毛が絡みつくという負のスパイラルを繰り返しています。

長年蓄積されたそれらの汚れは、髪の毛とはいえ他の汚れと共にカチカチに固まることもあるのです。

カチカチに固まった汚れは、パイプクリーナーを投入しても成分が浸透してくれません。

 

パイプクリーナーで詰まりが解消されないときの対処法

 

ご自身で出来る対処法

 

ラバーカップ(通称スッポン)を使用して詰まりを解消する

空気と水の逃げ道がないようにしっかりと密着させて使用します。

 

ワイヤーブラシを使用して詰まりを解消する

ホームセンターなどで購入できます。
物件ごとに排水管の曲がり方は異なります、上手く詰まりの箇所まで到達したらワイヤーを回転させ汚れをかき出します。

 

業者が行う対処法

 

薬剤を使用して詰まりを解消する

ローポンプなどとあわせて使用することもあります。

業務用で強力な薬剤の為、使用する際はマスクやゴーグルを着用し素手で触らないなど注意が必要です。

完全に詰まってしまっている時にも有効で即効性のある薬剤を使用します。

 

ローポンプ(真空ポンプ)を使用して詰まりを解消する

ラバーカップよりも強力な空気圧をかけることが出来ます。

 

トーラーワイヤーを使用して詰まりを解消する

ワイヤーブラシの業務用機材です。

手動式と電動式があり機能も充実しています。

 

高圧洗浄機を使用して詰まりを解消する

一般家庭でも高圧洗浄機を所有しているお宅が多くなってきました。

排水管の高圧洗浄には専用のアタッチメントが必要となる場合が多いです。

高圧洗浄機の水圧で汚れを落としながら排水管を進んでいきます。

 

洗面台・浴室の排水詰まり予防

 

・こまめな掃除

・ゴミ受け用のネットを取り付ける

・排水トラップの掃除をする

・定期的にパイプクリーナーで排水管の掃除をする

 

まとめ

 

・パイプクリーナーの使い方を間違えると効果が出ない

・詰まりの原因が髪の毛や石鹸カス以外の落下物だとパイプクリーナーを使用しても効果がない

・パイプクリーナーを投入して長時間放置すると詰まりが重症化することもある

・定期的にパイプクリーナーで排水管の掃除をすることで詰まりを予防できる

・ご自身での解決が難しいときは業者に依頼したほうがよい